スロージギングで釣れる魚の攻略法

スロージギングでブリ攻略|ベイトパターンを意識することが超重要!

ブリ

近海スロージギングの中で、トップクラスの引き味で魅了してくれるのがブリです。

ブリは出世魚の仲間で、関東では小さいほうからイナダ→ワラサ→ブリの順番で呼ばれています。

関西ならハマチ→メジロ→ブリですね。

 

「ブリ」「ヒラマサ」「カンパチ」の青物御三家の中で、ブリは最もベイトに依存しています。

ブリは常にベイトを追いかけて回遊していますので、ベイトの反応が濃いポイントや鳥山の下についていることが多くなるんですね。

スイッチが入れば、「無限に釣れる」と思えるほど、ジグにアタックしてきます。

ブリはスピード感はありませんが、丸々太っていてトルクがあり、強烈な引き味を楽しみたい方におすすめの魚です。

ベイトを意識したブリパターン

ブリは動体視力に優れた魚です。

特にベイトを追い掛け回しているタイミングでは、テンポよく速いピッチで狙うのがおすすめ。

スローピッチで緩急をつけるよりも、ハイピッチでブリの好きなスピードを探っていきましょう。

キビキビしたジグアクションよりも、ジグのスピード感で誘いをかけていくイメージです。

スロータックルでハイピッチをすると、自然と柔らかいジグの動きになります。

ベイトを意識しないブリパターン

ベイトの反応はあるのに、ブリが反応してこないパターンですね。

こんな時は、潮の変化を意識してブリを探っていきます。

潮の変化のポイントは次の2点。

 

  1. 潮の流れの速さが異なるポイント
  2. 潮の温度が異なるポイント

 

ブリにとって潮の変化のポイントは、壁が存在しているようなもの。

潮の壁を超えてベイトを捕食することは、ほとんどありません。

スロージギングロッドは繊細なので、潮の流れの変化をつかむことが可能です。

 

ひとり
ひとり
底の方ではジグの重さを感じるのに、ある程度巻き上げると、ジグの抵抗を感じなくなった経験はありませんか?

 

底潮は動いているのに、中層から潮が流れていない証拠です。

そのようなポイントでは、徹底的にジグの抵抗を感じるレンジを探りましょう。

ジグアクションは、ロングフォールや1/2ピッチや1/3ピッチを多用していくのがオススメ。

できるだけ弱ったベイトを演出して、拾い食いをさせるイメージです。

活性の低いブリでも、釣っていくことが可能となります。

ブリはスローピッチに固執しない釣り方がキモ

スローピッチジャークは、実は万能ではありません。

スローピッチによる誘いはメインになりますが、”ゆっくりシャクるスロージギングスタイル”ではありません。

ジギング全体で考えると、スローピッチジャークは、ひとつのメソッドに過ぎないんですね。

 

エキスパートと呼ばれる人ほどルアーの緩急を付けたり、釣りのスタイルにこだわりがありません。

その場の状況に合わせて、ジグを扱うのが上手なんです。

 

ブリは根に執着する魚ではないので、イワシやアジなどの小型青物に付いて回遊していることが多くなります。

そのような状況では、速いピッチで攻めていくのが有効となるわけです。

スローな誘いを入れても、見切られることが多くなるので注意してくださいね。

 

ひとり
ひとり
ブリ狙いのスロージギングは、下記の動画を参考にしてみてください。

ブリ狙いにおすすめのスロージギングロッド

ブリのトルクに、バッドでしっかり耐えられるロッドを選択しましょう。

  • グラップラータイプSJ(シマノ)
  • ギャラハドスロー(ヤマガブランクス)

がおすすめです。

グラップラータイプSJ|685

ギャラハドスロー|62/3

ブリ狙いにおすすめのスロージギングリール

ブリのトルクにも負けないパワーが必要です。

  • オシアジガー1500HG(シマノ)
  • ソルティガ15H/SJ(ダイワ)

がおすすめです。

オシアジガー1500HG

ソルティガ15H/SJ

ブリ狙いにおすすめのスロー系ジグ

ジグの重さは150~300gくらいを用意しておきましょう。

オシアスティンガーバタフライ|ウイング

潮の流れが緩いときは、フォール主体の釣りになります。

できるだけフォールスピードの遅いジグでアピールしましょう。

オシアスティンガーバタフライ|キングスラッシャー

ブリはハイピッチでも狙えます。

細身で水切れの良いものがおすすめです。

ブリ狙いにおすすめのスロージギングライン

ラインは太ければいいものではありません。

水深が70m~150mくらいを流すことが多いので、ラインの受ける抵抗も減らしたいところ。

PEラインは、3号~4号くらいがおすすめです。

PEライン

メインラインとなるPEラインは、少なくとも400m以上は巻いておきましょう。

150m以上のレンジも探ること狙うこともあります。

潮の速い日だと、200m近く出されることもありますからね。