スロージギングで釣れる魚の攻略法

スロージギングでタチウオ攻略|ジグの操作スピードが超重要!

タチウオといえば、東京湾や大阪湾では夏の風物詩となっていますね。

6~8月にかけて産卵を控えたタチウオは、水深30~100mくらいが主戦場となります。

 

ところが、タチウオは非常に気まぐれな魚。

ジグのフリーフォールで釣れる時もあれば、エサを投入しても釣れない時もあります。

わずかなテクニックの違いが、大きな釣果の差になります。

 

このページでは、タチウオをスロージギングタックルで狙う方法を紹介しています。

サクッと読める内容ですので、参考にしてみてくださいね。

基本的にはハイピッチ気味のライトジギング

大阪湾や東京湾のタチウオジギングでは、ライトジギングがベーシックスタイルとなっています。

ベイトがイワシなので、逃げ惑う魚を演出するのが一般的です。

この辺りでの釣りならば、スロージギングでもハイピッチ気味で誘ってあげるのが有効となります。

スロージギングでのタチウオ狙いのポイント

釣り上げたタチウオには、尾尻の辺りが失くなっている個体に遭遇することがあります。

タチウオには、ベイトが少ないと共食いをする習性があるんですね。

ベイトの反応が薄い日には、よく見る光景です。

 

このようなポイントでは、フォール主体のスロージギングが有効です。

タチウオの捕食ターゲットは、動きの鈍いベイトがメイン。

元気に動き回る魚を、活発に追いかけ回したりはしません。

 

スロージギングでは、弱ったタチウオを演出することが大事なんですね。

ロングフォールも織り交ぜながら、少し長めのジグで誘っていきましょう。

スロージギングでタチウオを狙う際の注意点

自分の型にハマりすぎないことが大事。

繰り返しますが、タチウオは非常に気まぐれな魚です。

数分前までハイピッチで連発していたのに、アタリのパターンが突然フォールに・・・」なんてことはザラです。

自分の得意な誘い方に執着しないことです。

 

周りのアングラーのジグカラーや誘い方を、つねにチェックしていきましょう。

その場に合ったアタリパターンを見つけ出すことが、すごく大事です。

ハイピッチ」「スローピッチ」「ロングフォール」「ただ巻き」など、ありとあらゆる方法で誘っていくことが釣果につながっていきます。

タチウオ狙いにおすすめスロージギングロッド

タチウオ狙いのジギングなら、高価なロッドを買う必要はありません。

お手頃価格で、リーズナブルなスロージギングロッドをリサーチしてきました。

シマノなら「ゲームタイプスローJ」メジャークラフトなら「ジャイアントキリング(スローピッチモデル)」を奨励しています。

ゲームタイプスローJ B681

品番 B681
長さ(ft/m) 6.8/2.03
自重(g) 112
PE(号) MAX1.5
ジグ(g) MAX130

ゲームタイプスローJ B682

品番 B682
長さ(ft/m) 6.8/2.03
自重(g) 117
PE(号) MAX2.0
ジグ(g) MAX160

ジャイアントキリング GXJ-B66/2SJ

Model GXJ-B66/2SJ
全長(ft) 6.6
ジグ(g) 60~150
PEライン(号) 0.6~2.0

ジャイアントキリング GXJ-B66/3SJ

Model ModelGXJ-B66/3SJ
全長(ft) 6.6
ジグ(g) 80~180
PEライン(号) 0.6~2.0

タチウオ狙いにおすすめのスロージギングリール

シマノの「オシアコンクエスト300HG」「オシアカルカッタ300HG」を奨励しています。

オシアコンクエスト300HG

オシアカルカッタ300HG

タチウオ狙いにおすすめのスロー系ジグ

ジグの選択ですが、なるべく動きを抑えたものがベターです。

シマノなら「オシアスティンガーバタフライ(サーディンウェバー)」、ダイワなら「鏡牙ジグ(セミロング)」といったシリーズです。

オシアスティンガーバタフライ(サーディンウェーバー)

鏡牙ジグ(セミロング)

タチウオは、暴れるジグに対しての反応はイマイチです。

タチウオジギングで、Smithの「CBマサムネ」を使用したことがありましたが、全くと言っていいほど釣れません。

激しくスライドするジグよりも、少しテールを振るくらいのジグがおすすめとなります。