スロージギングで釣れる魚の攻略法

スロージギングでマダラ攻略|初心者でも超高級魚がバンバン釣れるコツを紹介!

マダラ

深海の高級魚であるマダラ。

冬場は400〜500mあたりに生息しており、夏場になると200〜300mくらいまで上がってきます。

冬のマダラは白子が抜群に美味しいとされていますが、夏場は身の方に栄養が偏ります。

日本だと北海道、東北、中越で、切り身を使ったエサ釣りが主流です。

 

マダラをスロージギングで狙うのであれば、夏場が比較的おすすめ。

ジャンルとしては、中深海スロージギングとなります。

中深海スロージギングというと、少し敷居が高いように感じますよね。

しかし、マダラは非常に好奇心が強く、ベイトを活発に捕食してきます。

つまり、初心者でも簡単に釣れる魚です。

 

ポイントさえ掴めばすぐに釣れる魚ですので、このページを参考にしてマダラのスロージギングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

スロージギングでのマダラ狙いのポイント

マダラは回遊魚のような習性があります。

誰かがヒットすれば、誰にでも釣れるチャンスがあるんですね。

 

大切なのは、正確に底どりをすること。

ヒットの8〜9割は、着底時のフリーフォールやロングフォールです。

 

夏場でも水深は200mを超えますので、ジグの重さは幅広く持っておきましょう。

潮の速さによっては、タングステンジグも必要になります。

スロージギングでのマダラのアタリとは?

マダラのアタリは、ノソッとしたような感じです。

ジグのフォール中に、何かが抑え込むようなアタリ。

始めは

 

ひとり
ひとり
ん、根掛かり?

 

と勘違いするでしょう。

数をこなせば、「乗った!」なんて感覚になるので気持ちいいですよ!

スロージギングで、マダラとのファイトのコツは?

マダラの遊泳力は強くありません。

突然、根に走ったりということもありません。

 

ただ、ものすごい重量感です。

3〜4kgくらいの個体でも、水深200m以上の深海から持ち上げてきます。

とてつもない水圧がかかり、アングラーの体力の消耗が激しいのが、マダラのスロージギングです。

 

ここで大事なのは、ポンピングをせずに巻き上げてくること。

ポンピングをすると、ラインが緩む瞬間があります。

可能ならばリールの力だけで巻き挙げることです。

バラす要因は、できるだけ排除していましょう。

マダラ|おすすめスロージギングロッド

ロッドは、300〜500gの超ヘビージグを背負えるものが必要となります。

シマノなら「ゲームタイプスローJ」、ダイワなら「ソルティガSJ」の4番手以上のロッドがおすすめです。

ゲームタイプスローJ B684

品番 B684
長さ(ft/m) 6.8/2.03
自重(g)
PE(号)
ジグ(g)

ゲームタイプスローJ B685

品番 B685
長さ(ft/m) 6.8/2.03
自重(g)
PE(号)
ジグ(g)

マダラ|おすすめスロージギングリール

マダラの成体は、3kg~8kgくらいとかなり大きくなります。

さらに中深海の水圧が掛かりますので、PGで巻き上げ力の強いリールがおすすめです。

シマノなら「オシアジガー」、ダイワなら「ソルティガ」になります。

オシアジガー1500PG(右ハンドル)

オシアジガー2000PG(右ハンドル)

ソルティガ35N/SJ(右ハンドル)

マダラ|おすすめスロー系ジグ