スロージギングで釣れる魚の攻略法

スロージギングでヒラマサ攻略|季節によって攻め方を変えてみよう!

ヒラマサ

ヒラマサといえば、春の産卵シーズンのトップゲームやスピニングリールによるハイピッチジギングが愛されていますよね。

玄界灘や千葉県外房沖では、3月下旬くらいから水深20~40Mといった浅瀬に大型ヒラマサが接岸します。

 

10kg超えはもちろん、20kg~30kgといった超大型のヒラマサまで混じってくるので、全国のヒラマサファンがこの時期に集結してきます。

この時期はスパンカーを外してのドテラ流しが主流になるので、スロージギングで釣りをするのが難しくなるんですよね。

 

ただ、スロージギングが完全にできないわけではありません。

スロージギングでヒラマサを攻略するには、季節によってパターンを合わせていくことが大事になります。

春のヒラマサパターン

5~7月のスポーニング(産卵)に備えて、3~4月のヒラマサは積極的にベイトを追い回しています。

この時期に入ってくるヒラマサは、大型の可能性がグンと上がる時期となります。

春のヒラマサは浅場での釣りがメインになりますので、200gを超えるヘビージグは必要ありません。

深くても50mくらいで、120~180g程度のジグをそろえるのがいいでしょう。

 

春のヒラマサは、魚探を見てベイトの反応を追ってくのが基本的なスタイル。

ボトム付近に反応があることもあれば、底から10mを切った中層付近の場合もあります。

ボトムから反応のあるポイントまで、軽快にシャクっていくのがおすすめです。

夏のヒラマサパターン

夏のヒラマサは、アフタースポーニング(産卵後)を狙うことになります。

他のシーズンと比べて、スレンダー個体のヒラマサが多くなりますが、トルクとスピードは1段階くらいアップします。

その体型とは裏腹に、ヒラマサの真の引き味を楽しめる時期となります。

 

攻め方としては、根回りや人工漁礁のストラクチャーをピンポイントで攻めていきます。

ベイトも多種多様で、アジやイワシはもちろん、ベラ・ヒラメ・カニなどを荒食いしていることも。

スロージギングでも、スローピッチにこだわりすぎないことがポイントとなります。

時折、ハイピッチ気味に誘うなど、緩急をつけてアピールしていくのがオススメです。

秋のヒラマサパターン

秋のヒラマサの釣り方は、夏のパターンの延長になります。

晩秋になると水深が深くなってきます。

ジグの重さは、軽いものから重いものまでそろえる必要があるんですね。

 

また、水深によってベイトパターンも大きく変わってきます。

誘い方やジグカラーなどは、船長の指示に従ってください。

ただ、大型のヒラマサも混ざってきますので、タックルバランスは強めのものを準備しましょう。

冬のヒラマサパターン

外房・玄界灘ではベイトがサンマパターンになることが多くなり、水深も100m前後まで落ちることもあります。

その日の「潮の流れ」「潮の速さ」「ベイトの有無」「ヒラマサの活性」などを考慮することが大切。

ヒラマサを掛ける作業からファイトまで”を存分に楽しめるのが冬なんですね。

スロージギングで狙うには、一番おもしろい季節かもしれません。

スロージギングのテクニックを磨くなら、この時期に挑戦してみてはいかがでしょうか?^^

ひとり
ひとり
ヒラマサ狙いのスロージギングは、下記の動画を参考にしてみてください。

ヒラマサ狙いにおすすめのスロージギングロッド

ヒラマサのトルクに、バッドでしっかり耐えられるロッドを選択しましょう。

シマノなら「オシアジガーインフィニティ」、ヤマガブランクスなら「ギャラハドスロー」を奨励しています。

ゲームタイプスローJ|685

オシアジガーインフィニティ|B635

オシアジガーインフィニティ|B636

ギャラハドスロー|62/3

ギャラハドスロー|62/4

ヒラマサ狙いにおすすめのスロージギングリール

ヒラマサにも負けないパワーが必要です。

シマノなら「オシアジガー2000」、ダイワなら「ソルティガ35NL/SJ」を奨励しています。

オシアジガー2000HG

オシアジガー2000PG

ソルティガ35NL/SJ

ヒラマサ狙いにおすすめのスロー系ジグ

ジグの重さは150~300gくらいを用意しておきましょう。

スローピッチ

潮の流れが緩いときは、フォール主体の釣りになります。

オシアスティンガーバタフライ|ウイング

ハイピッチ

ヒラマサはハイピッチでも狙えます。

細身で水切れの良いものがおすすめです。

オシアスティンガーバタフライ|キングスラッシャー

スキルジグ(ロング)

ヒラマサ狙いにおすすめのスロージギングライン

ラインは太ければいいものではありません。

水深が70m~150mくらいを流すことが多いので、ラインの受ける抵抗も減らしたいところ。

PEラインは、3号~4号くらいがおすすめです。

PEライン

メインラインとなるPEラインは、少なくとも400m以上は巻いておきましょう。

150m以上のレンジも探ること狙うこともあります。

潮の速い日だと、200m近く出されることもありますからね。

OCEA EX8 PE 400m

ショックリーダー

ショックリーダーは、モーリスから発売されているバリバスがおすすめ。

強度、耐久性ともに、その他のメーカーを圧倒しています。

モーリス バリバス ナイロンショックリーダー60〜80lb